HawkEye360 (電波監視衛星)

世界初の商用電波観測衛星

HawkEye360は、世界で初めての商用電波観測衛星。
地上から発信される電波を3機1組の衛星(クラスター)で受信し、以下情報を提供します。
①電波発信場所の特定
②電波特性解析による対象物(船舶等)の特定
③指定電波の電波密度を測定し、対象エリアの変化を観測

システム

  • 地上から発信される各種電波を3機の衛星(クラスター)で捉え、受信時刻・受信周波数を地上へ送信
     
  • クラスターを構成する衛星への電波到達時間の差、周波数偏移から電波発射体の位置を特定
     
  • 【衛星再訪時間】
    2019年:4~6時間
    2021年~:12~35分

現在の測定スペクトラム

ユーザー要求により随時追加

■測定可能出力

 未知信号:5W以上

 既知信号:1W以上

基本サービス

■RFGeo

 対象物から発信される電波(VHF、UHF、L-band、X-band 等)を受信解析し、その対象物の位置を特定

■RFMosaic

 特定周波数の電波(レーダー、衛星TT&C信号、GPSジャミング信号 等)の電波密度を測定し電波ヒートマップを作成。その発信源の特定や電波パターンの変化による異常事態の発生を検知

第1クラスター衛星諸元

■サイズ:27×20×40cm

■重量:15kg

■軌道(高度):極軌道(575km)

■位置制度:1,000m以下(CEP)

■再訪時間:6時間(赤道付近)4時間(中緯度付近)    ※10クラスターの場合20~30分

■観測結果配信時間:観測後4時間以内

第1クラスターの電波検出範囲

想定利用例

■AIS情報の正誤判定

■AIS以外の電波信号による船舶検出

■不審船の追跡

■電波ヒートマップからの異常検出

■GPS妨害電波発信源の特定

■レーダー電波発信源の特定