Esbirdプラス(帯域保証型の衛星通信)

EsBirdプラスは、お客様毎に専用回線をご提供することで、災害時においても通信可能な帯域保証型の衛星通信サービスです。
お客様が希望するご利用用途に合わせ、自由に設備・システム構築をすることが可能なサービスです。SNETは、システム構築から機器設置工事・保守までワンストップでサービスを提供いたします。

EsBirdプラスの特徴

①    導入しやすく、維持管理が簡単
センター局(HUB局)で一括制御・管理されますので、お客様はHUB局整備の設備投資と運用管理の負担を大幅に軽減できます。また、VSAT設備を利用するので、通信拠点に無線従事者を配備する必要もありません。


②    IPベースだから使いやすい
IP(Internet Protocol)を採用していますので、LAN間接続など地上系とのシームレスな通信環境を整えることが可能です。


③    伝送速度を自動調節
速度変更技術と周波数ホッピング技術の導入により、伝送中のIPデータ量を感知し、回線を維持したまま自動的に伝送速度を調整することができます。複数のアプリケーションを使用する場合でも、伝送速度を気にせず機動的にご利用できます。


④    クロスネットや回線融通も可能
ご要望に応じて、EsBirdサービスを利用する企業間でネットワーク間接続(クロスネット)したり、回線や機器を融通し合うことで、更に強固な災害時のネットワークを構築できます。


⑤    多彩なオプションと安心の製品ラインナップ
送受信設備は、固定局のほか、可搬局・車載局、大型アンテナ、TWTA大出力アンプ、送信電力制御装置など豊富なオプションをご用意しています。また、国内メーカによるマルチベンダー化を図っており、信頼性が高く価格を抑えた製品を採用しています。


⑥    安心のHUB局2局体制
安定的なサービス提供のために、EsBirdサービスのHUB局は、地域の離れたセンター局とサブセンター局に配置されております。

EsBirdプラスの特徴

  • 主要インフラ事業者様の声をもとに開発された、有事の際に強固な通信回線を確保したいお客様向けソリューション
  • 他利用者のトラフィックに左右されないお客様専用の衛星回線と、国内大手メーカー製のハイエンドな送受信設備を使用した、高信頼のワンストップサービス

ご利用ユーザー例

消防関連機関