ドローン専用『SNET画像処理クラウドサービス』農業分野での利用に期待!

2018/1/17

当社は、ドローンによる農産物育成状況の可視化を実現する『SNET画像処理クラウドサービス』の提供を2018年1月より開始しましたのでお知らせ致します。
『SNET画像処理クラウドサービス』は、お客様がドローン(※1)で農作地上空から撮影した画像を当社がサーバ経由でお預かりし、植生指数データに変換してお客様にご提供するサービスです(※2)。
植生指数データは植物の活性度の指標とされており、このデータの利用により、お客様は簡易に農産物の育成状況を把握し、肥料や農薬を効率的に散布するスマート農業を実現する事ができます。
スマートフォンやタブレット、PC等のマルチデバイスでの閲覧に対応しており、どこからでもご利用が可能です。小規模でスマート農業を始めてみたい方から、高効率な生産を本格的に目指す方まで、幅広いニーズに対応できる内容となっています。
これからもドローンを利用した様々なソリューションサービスの提供を通じ、日本の農業の発展に貢献してまいります。

※1 マルチスペクトラムカメラを搭載したドローン
※2 詳細はサービスイメージ図参照

【サービスに関するお問い合わせ】
   株式会社衛星ネットワーク 営業本部
   TEL:03-5561-1061
   FAX:03-5561-1066
   E-mail: information@snet.co.jp

2018.01.17付でスカパーJSAT株式会社よりプレスリリースも致しております。
ご参照ください。(https://www.sptvjsat.com/load_pdf.php?pTb=t_news_&pRi=1080&pJe=1